スーパーオータカ5つの特徴

TOP > スーパーオータカ5つの特徴

1.安心と安全の北海道産

安心と安全をお届けしたいから、原料の80%は北海道産。北海道の工場で丁寧に造られています。

スーパーオータカは、北海道のなかでも穏やかな気候風土をもった「北の湘南」と呼ばれている伊達市にある工場で造られています。
火山地帯をそばにおき、南に内海を抱き、北に穏やかな山々を並べた伊達地方は、雪解け水がつくる地下水も豊富で、日照時間も長く温暖であり、植物種類の分布も北海道のなかでは特異なものとなっています。
そのために、そうした植物たちが何億年もかけてできた肥沃な土壌に広がっている地帯なのです。
「伊達でつくれない野菜はない」といわれる所以は、そのようなところにあります。その伊達市を拠点として製造される製品は、正に豊かな自然の力をいただいている製品造りであり、安心と安全をお届けできるものになっています。

2.伝統発酵技術

伝統発酵技術が織りなす、本物の発酵力と品質。

発酵菌を添加せず昔ながらの藁でつくる納豆は、手間と時間がかかるむずかしい伝統的発酵技術です。しかし、力強く豊かな発酵の世界を演出してくれるものとなっています。
スーパーオータカの世界も似ているかもしれません。
ある種の微生物にとっては超えられない壁となり、結果、生存ができなくなるものを「バイオウォール」と呼んでいます。
スーパーオータカの製造工程には、この「バイオウォール」が幾重にも存在していて、最終的にはそれに耐えられる強い微生物しか生存できなくなるという仕掛けを造りだしています。
微生物コントロールを可能にしている本物の伝統発酵技術でもありますが、正にそれが高い品質を造りだしている母体でもあります。

3.高品質な発酵原液

高品質な発酵原液をそのままお届け。
本物だからできる、添加物なし、保存料なし、賞味期限なし。

元々は同じものであっても、「腐敗」と「発酵」は選択の道を、反対方向にしています。
本物の発酵原液なら、「発酵」という道を選んでいますので、製造過程で生成される成分によって長期保存が可能となります。
そのために保存料や添加物は不要な世界となり、もちろん賞味期限が存在しなくても大丈夫です。
スーパーオータカは、一滴の水すら加えることのない原液そのままを製品化しています。
そしてそれを、「添加物なし、保存料なし、賞味期限なし」で90余年も実現できていること自体が、本物の発酵の証でもあるのです。

4.特許取得の科学力

発酵による生成物質の研究と学会発表。
製造法と新規オリゴ糖の特許取得。

極めて特異な環境下で生き抜いてきた発酵微生物は、生きるための戦略として特殊なオリゴ糖を生成していきます。
長年の研究により、世界ではじめて発見された新規オリゴ糖にたどり着き、特許も取得、現在、その生体に対する有効な機能性について研究が進められています。
大高酵素の科学的姿勢は、これまでの科学技術庁長官賞受賞や発明協会賞受賞につながっています。
また、酵素=エンザイムという物質については、多くの誤解やウソの情報が取り巻いてしまっていますが、大高酵素は、そのもつれた糸をゆっくりと解き、誰にでも判りやすい正しい知識として収められるために、啓蒙活動も行っています。

5.歴史と伝統

本物の「発酵」を求め続けて90年以上。
人伝で重ねられてきた、歴史と伝統。

大高酵素(株)には、お客様に情報を明らかにできる本物の歴史と伝統があります。それは、(株)朝日ソノラマから発行されている「大地を喰んだ男(だいちをはんだおとこ)」吉津寛書という本となっていますが、その一端は、「大高酵素物語〜大地に根ざした男〜大高登のまなざし」という資料としてもまとめられており、公式ホームページからでもご覧いただけます。
PDF版はこちら

宣伝らしい宣伝をしない会社なのですが、それでも90余年もの間、人から人へと伝えられてきました。愛用者の方々との間に、信頼という絆を1本1本大切につくってきたからに他なりません。それは何より、安心と安全の証かもしれません。
また、現代の人伝でもある多くのメディアにもご紹介頂いております。
メディア掲載暦はこちら

大高酵素は発酵と酵素を追求し
みなさまに新しい食生活の提案を行なってまいります。